読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

KISS

今日は、大学の授業で大中恩さん作曲の歌曲、「KISS」を歌わせていただきました。

詩は、樋詰喜久子(ひづめきくこ)さんです。

山本リンダさんの「ミニミニデート」の詩を手がけた方で

恋する女の人の気持ちを詠ったものが多く、

でも、決して恋に浮かれているわけではなく、

恋の先にある別れを予感させる内容が殆どです。

 

KISSは、こんな詩です。

 

いじわるなことを言う

あなたのくちびるが

どうして

そんなにやさしいの?

 

キスなんてきらい

あなたが

見えなくなるから

 

 

可愛い^^

 

 

また、『傷のない悲しみは』に収録されている、こんな詩も素敵です。

 

恋人も

めぐり逢うまでは

名前も呼べない知らない人

あなたに出会ったことの意味を

考えているこのごろです

 

口に出すのがほんの少し照れくさくなる

でも共感できる詩でいっぱいです。

 

原宿に猫と住んでいらっしゃるらしい樋詰さん。

とっても素敵な方なんだろうなぁ。

 

 

さて、そんな歌を歌った帰り。

上野公園を歩いていると、

うろこ雲らしき雲が浮かんだ青空が。

f:id:araihajime:20130603211932j:plain

 

わー綺麗だなぁと思って、また少し歩いた場所から後ろを振り返れば、

今度は熟れて溶け出しそうな夕日が。

f:id:araihajime:20130603212100j:plain

 

空の移り変わりって速いんですね。

 

いい一日でした^^♪

 

 

Haruka.