KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

I was here 和訳してみました

ビヨンセのI was here。

力強く、どこか切ないメロディに乗せて歌われる歌詞です。

こんな歌を歌える歌手になれたと思えた時が、もっとも歌手冥利に尽きる瞬間かもしれません。

 

I was here

 

I wanna leave my footprints on the sands of time
Know there was something that meant something that I left behind
When I leave this world, I'll leave no regrets
Leave something to remember, so they won't forget

 

限りある時※の中に足跡を残したい

残してきたものが確かにあるのだと知るために

この世を去る時、後悔ではなく

心に残るものを置いていきたい、皆が忘れないように

 

I was here

I lived, I loved
I was here
I did, I've done everything that I wanted
And it was more than I thought it would be
I will leave my mark so everyone will know
I was here

 

私がここにいたことを

生きていたことを、愛してきたことを

私がここにいたことを

やりたかったこと全てを成し遂げたことを

それは理想以上のものだったということを

印を残して行こう、皆が気づくように

私はここにいたのだと

 

I want to say I lived each day, until I die
And know that I meant something in, somebody's life
The hearts I have touched, will be the proof that I leave
That I made a difference, and this world will see

 

命の尽きるその日まで生きてきたのだと伝えたい

誰かの人生にとって私の存在は意味のあるものだったのだと知りたい

触れてきた心全て、それが私が残したものの証

それは私だけの証、いつか世界は見つけてくれる

 

I was here
I lived, I loved
I was here
I did, I've done everything that I wanted
And it was more than I thought it would be
I will leave my mark so everyone will know
I was here

 

私がここにいたことを
生きていたことを、愛してきたことを
私がここにいたことを
やりたかったこと全てを成し遂げたことを
それは理想以上のものだったということを
印を残して行こう、皆が気づくように
私はここにいたのだと

 

I just want them to know
That I gave my all, did my best
Brought someone some happiness
Left this world a little better just because
I was here

 

皆にただ知ってもらいたい

一生懸命、ベストを尽くしてきたことを

いくつかの幸福を誰かに与えてきたことを

この世をほんの少しだけいい方向に進めたことを

それは私がここにいたからだってことを


I was here
I lived, I loved
I was here
I did, I've done everything that I wanted
And it was more than I thought it would be
I will leave my mark so everyone will know
I was here

I was here
I lived, I loved
I was here
I did, I've done everything that I wanted
And it was more than I thought it would be
I will leave my mark so everyone will know
I was here

 

※the sands of timeは「時の砂」ですが、唐突に時の砂と言われても「何のこと…?」と想像しにくい単語ですよね(笑)調べてみると、sands of timeは砂時計をイメージした熟語らしく、砂時計のように時間を"限りあるもの"として捉える概念なのだそうです。つまり、「刻一刻」ということですね。まさにこの詩に相応しい素敵な熟語ですよね。

 

Haruka.