読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

一流ということ

ここのところ本当に寒い毎日…

 

秋を楽しむ間も無く、あっという間に冬になってしまいそうで、少し切ない毎日です。

 

 

先日、小さい頃から大変お世話になっております方々のご招待で、ホテルニューオータニのトゥールダルジャンへ伺いました。

 

f:id:araihajime:20161031001159j:image

 

普段はそちらの会場の結婚式で歌わせていただいておりますため、お客様として伺うことに不思議な感覚を覚えつつ……

 

 

一流のお料理、一流の調度品、一流のギャルソン、一流のソムリエ、そして一流のお客様たちーー

 

普段できない経験に大変緊張いたしましたが、何もかもが一流の空間に居られる機会をいただけて、本当に胸がいっぱいでした。

 

 

先生方や、素晴らしい演奏家の方々、そしてスタッフの方など、"一流"を身近に感じることのできる環境のある中で、私は果たして"一流"を目指す者としての在り方をどれ程理解し、実践できているのだろうか、と考えさせられたひとときでもありました。

 

 

"一流"な方達ほど、謙虚でいらっしゃるのは何故なのか。

 

思えば、今までお会いした一流の方達の姿に、傲慢を見たことは一度もありませんでした。

 

 

 

そう考えると、私自身は随分と傲慢だと反省することが多々あります。

 

一流の方達は、「まだ若いから」と、そんな私を優しく諭してくださるのですが。

 

 

一流の方達ほど、人というものを理解していらっしゃる方はいないのではないか、と思います。

 

一流に年齢は関係ないのだ、とも。

 

 

どの分野の一流の方達であっても、総じて拝見する中で、全員が謙虚です。

 

直向きで、物理的、精神的にも空間があって、しなやかで、凛として、時に厳しく、皆美しく、そして自分は周りから一流として見られていることを知っている。

 

一流と見られていることを知っているからこそ、気を使うべき時、場所を弁えている。

 

 

 一流な方々は妥協しない。

 

でも、限度は弁えている。

 

 

 

今の私にはできません。

 

今はできないからこそ、"見て真似する"ように学ぶのでしょうけれど。

 

 

登らなければならない山は、まだまだ先が見えません。

 

 

 

そうそう、もう一つ気づいたことが。

 

 

美味しいお料理≒良い音楽

 

 

つまり、五感、ひいては人の体すべては、きちんと繋がっている。

 

 

 

終始勉強させていただいた、素晴らしいひとときでした。

 

 

Haruka.