読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

シチリアとの出会い、再び


以前購入した、《イタリアの伝統色》(出版:パイインターナショナル)という本。

以前の記事↓
 イタリアの伝統色 - KAERU-NO-UTA

久しぶりに装丁でビビビッと来た一冊でしたが、本日まさかの出会いが。


前々から、インターコンチネンタル横浜のアイ・マリーナ(I MARINA)というパティスリー&スーベニアショップ(2016年4月22日に開店したばかり!)が気になっており、本日やっと重い足を(←)懸命に前に出して行って参りました\(^o^)/

I MARINA詳細↓


お目当は、CARBARINE社のMEDITERRANEO(イタリアの地中海をイメージした製品だそう)ラインの中の、ピローミスト《シチリア》。

去年の印象通り、やはり今年の旅行でもシチリアの街の匂い(ちなみにサンフランシスコの街の匂いも好き)が好きだと感じた私にとっては、見逃せない一品でした。


しかし…残念ながら、《シチリア》だけが売り切れ…


重い足がいけなかったと後悔しつつ店内をくるくる見ていた時、再び出会ってしまいました。

f:id:araihajime:20160429193253j:image


同じラインのソープ《シチリア》。


はっきり申し上げまして、匂いは想像と違いすぎておりました。

どちらかと言えば、いえ、どちらかと言わずとも、男性の香水の香りです。


ただ、私が目を奪われたのは、ソープを包む装丁。


この包み紙…まさに《イタリアの伝統色》のそれと同じではないですか…!


即購入し、家に帰ってすぐに本を引っ張り出して見比べてみましたが、

f:id:araihajime:20160429193538j:image


うん、やっぱり同じ。

こちらの柄は、フィレンツェの伝統的なマーブル紙の柄なのだそうです。


匂いは置いておいて、素敵な再会に心踊る午後でした。



CARBARINE社が気になる方は、こちらページをご覧になってみてください^ ^




Haruka.