読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

あの古い林檎の木の陰で 和訳してみました



Harry WilliamsとEgbert Van Alstyneの共作、"In the shade of the old apple tree"。

動画は、映画【Vote for Huggett】の中でPetula Clarkが歌っているものと、Henry Burrの原曲です^_^

日本では、映画《シコふんじゃった》の主題歌としておおたか静流さんが歌っていらっしゃったりします^ ^


まさに《シコふんじゃった》で出会ったこの曲ですが、原曲の歌詞は全く雰囲気が違います。

死んでしまった愛しい恋人を思い出し悼む歌です。

いつかコンサートで歌ってみたいな^_^♪


《In the shade of the old apple tree》
The oriole with joy was sweetly singing
The little brook was babbling it's tune
The village bells at noon were gaily ringing
The world seem'd brighter than a harvest moon

For there within my arms I gently pressed you
And blushing red, you slowly turned away
I can't forget the way I once caressed you
I only pray we'll meet another day

I've really come a long way from the city
And though my heart's breaking I'll be brave
I've brought this bunch of flowr's, I think they're pretty
To place upon a freshly moulded grave

If you will show me, Father, where she's lying
Or if it's far, just point it out to me
Said he, "She told us all when she was dying
To bury her beneath the apple tree"

In the shade of the old apple tree
Where the love in your eyes I could see
When the voice that I heard, like the song of the bird
Seem'd to whisper sweet music to me

I could hear the dull buzz of the bee
In the blossoms as you said to me
With a heart that is true, I'll be waiting for you
In the shade of the old apple tree


【あの古い林檎の木の陰で】
高麗ウグイスは幸せそうに歌い
小さな小川はサラサラささめき
正午を告げる村の鐘は陽気に鳴り響き
世界は秋の月よりも明るく輝いているように見えた

そこで優しく君を抱き寄せれば
君は頬を赤く染め、それからゆっくり顔を背けた
今でも覚えている、かつて君を抱きしめキスしたあの時を
今はただ祈ろう、再び二人が出逢えるその時を

街からここまで本当に遠かったよ
この心は痛むけれど、大丈夫
花束を持って来たんだ、綺麗だろう?
まだ真新しい墓標に供えるために

お父様、彼女の横たわっている場所を見せてください
いいえ、せめて指し示してくださるだけでいいのです
すると彼は教えてくれたんだ、「彼女は死ぬ間際、私たちに全てを話してくれました
あの林檎の木の下に私を埋めてと」

あの古い林檎の木の陰で
そこで僕は、君の瞳の中に愛を見ることができた
耳に届いたその声は、まるで鳥の歌声ようだった
そしてその囁きは、甘い音楽のようだった

鈍い蜂の羽音が
花真っ盛りの中、君が僕に告げたようにこの耳を掠めた
真実の愛と共に、私はあなたを待っています
あの古い林檎の木の陰で、と



Haruka.