読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

時間とコーヒー


昨日の夜は冷えましたねー>_<

柚子湯が恋しくなる季節です♪

上野公園の紅葉もそろそろ見納めですね>_<

f:id:araihajime:20141210172555j:plain


今日は大学での授業の後、友人の飛鳥ちゃんと食堂でお喋りしました☆


途中ピアノ科や古楽科の友人も混ざりお話ししていましたが、なんとトータル4時間も!笑


飛鳥ちゃんは気の置けない友人の一人で、私のことならなんでも知っている親友です(笑)

飛鳥ちゃん無しでは今の私はいなかっただろうなというくらい、毎回滝のように影響を受けています。


f:id:araihajime:20141210172406j:plain

上野公園にて、飛鳥ちゃんと。

f:id:araihajime:20141210172429j:plain

二枚目の写真、私がまるで彼氏のよう(笑)

彼氏にするなら美歌ちゃんがいいと言ってくれる優しい女の子です。



論文をやっていて思い出したお話があります。


【冒頭メッセージ】
あなたの人生においてしければならないことが多すぎる時、1日24時間では足りない時、マヨネーズの瓶(アメリカなどでは、一般的にマヨネーズは瓶で売られている)と2杯のコーヒーを思い出して下さい。

【本文】
一人の教授が哲学の授業が始まる前に、あるものを持って学生たちの前に立った。授業が始まると、彼は黙って大きな空っぽのマヨネーズ瓶を手に取り、満杯になるまでその中にゴルフボールを入れていった。そして彼は学生に「この瓶はいっぱいですか?」と尋ね、学生たちは瓶が満杯であることに同意した。

すると教授は、小石が入った箱を取り出し、その小石を瓶の中へ注いだ。彼は軽く瓶を振り、小石はゴルフボールとゴルフボールのすき間に入り込んでいった。そして彼はまた学生たちに「この瓶はいっぱいですか?」と尋ね、学生たちはその通りだとうなづいた。

次に教授は砂の入った箱を取り出し、それを瓶へ注いでいった。もちろんその砂は、瓶の中のすき間を埋めた。彼はまた「この瓶はいっぱいですか?」と尋ね、学生は皆「はい」と答えた。

そして教授はテーブルの下から2杯のコーヒーを取り出し、砂と砂のすき間を埋めるように、器用にそのコーヒーを瓶へ注いでいった。それを見た学生たちは、大笑い。

「さて」。教授のこの言葉に笑いが止まった。

「この瓶は、あなたの人生を表しています。そしてゴルフボールは、あなたの家族、子ども、健康、友人、情熱などの重要なものを表しています。たとえ他のすべてを失っても、これら重要なものは残り、あなたの人生は依然として満ち足りたものであり続けます」

「小石は、あなたの仕事、家、車レベルの重要なものを指します」

「砂は、他の小さなものを表します。もしあなたが最初に砂で瓶をいっぱいにしてしまったら、小石やゴルフボールを入れるスペースがなくなってしまうのです。これと同じことが人生においても言えます。もしあなたが小さなことに、全ての時間とエネルギーを費やしてしまったら、あなたは決して重要なものを手にできません」

「あなたの幸せにとって、重要なものを大切にして下さい。子どもと遊んで下さい。健康診断をきちんと受けて下さい。奥さんをディナーに連れて行ってあげて下さい。もう(ゴルフの)18ホール楽しんで下さい。掃除や物の修理など、家のことをする時間はいつでもあります。人生において重要な “ゴルフボール” を一番に大切にして下さい。優先事項を決めるのです。他のものは、単なる砂でしかありません」

すると1人の生徒が手を挙げ、「それでは、コーヒーは何を表しているのですか?」と質問した。教授は笑顔で「よくぞ聞いてくれました」と答えた。

「これはあなたの人生がいくら手一杯に見えても、友人と一緒にコーヒーを飲む余裕がいつもあることを表しています」

~終わり~

(文=田代大一朗


コーヒーのオチのおしゃれなことといったら。

まさにこれです。

私は特に、一つごとに集中して短期間で取り組むことが得意なので、論文もほぼそのスタンスで書いていますが(準備は長いですよもちろん)、そのおかげか、こうして友人と語り合う時間が作れているのかなと。

私のために時間を割いてくれる人がいてくれるって、ありがたいことですね^ ^


というわけで、今日はそんな日でした(笑)


Haruka.