KAERU-NO-UTA

ソプラノ 佐々木美歌の のんびり日記。

寒の戻り

 

今晩は^^

 

すっかり春めいてきたなと思っていたら、花冷えからの寒の戻り。

せっかくコートを仕舞ったのに、また引っ張り出してくる今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

とうとう大学院修士最後の年に突入しました。

修士の3年て、本当にあっという間なんですね。

それでも、昨年はコンクールやオペラに挑戦したからか、とても濃い一年にできた気がします。

 

そんな中、修士論文のテーマも決まりつつあり、またいくつかステージで歌わせていただく機会もいただき、予想以上に忙しい毎日を送らせていただいています。

 

今年の予定としましては・・・

7月20日(日) 岩手県久慈でのコンサート

8月24、31両日(日) 三輪えり花先生の『オペラ遊び語り』

9月24日(水) 東京ミューズアカデミー出身者によるコンサート

 

と、夏場盛りだくさん!!

お声をかけていただいて、本当に幸せです。

 

久慈はあの「あまちゃん」の舞台になった場所だそう。

昨年、復興支援によく東北を訪れていた母から色々な話を聞いていました。

少しでも、今回のコンサートを楽しんでいただけるように頑張ります。

コンサートの後は、その足で秋田の伯母の家を訪ねるつもりです。

 

『オペラ遊び語り』では、またまたデスピーナをやらせていただきます。

3月のオペラで、益々好きになったデスピーナ。

三輪先生やルーサーさんにお会いできるのも楽しみです^^

 

そして、9月のコンサートが、浪人時代1年間お世話になっていた、東京ミューズアカデミー主催のコンサートです。

声楽やピアノなど、ミューズ出身者4名でのコンサート。

私にとって、浪人の一年間は楽しい思い出しかない期間で、それも皆ミューズの先生方やそこで得た友人達のお陰だと今でも思っています。

「楽しむ」ことと「楽をする」ことの違いを知った場所でした。

 

論文作成や、修士演奏会に向けて忙しくなる時期ですが、一つ一ついつも以上に心を込めて取り組みたいと思います。

 

今年に入って、本当に色々な方と出会う機会が増えたのですが、毎日が楽しくて仕方ありません。

それから、修士最後の年だからか、授業にも数倍貪欲になっています笑

週に5日は大学へ通っています笑

 

改めて、私は「人」が好きなんだなぁ、と思う今日この頃です。

 

 

そんな気持ちを大切にしつつ、今期も頑張ります^^

 

 

 

Haruka.